ホーム » GLADNINE » ダイアリー » 知覧さくらまつり2013「愛」&流れる雲よの舞台

知覧さくらまつり2013「愛」&流れる雲よの舞台

3670_426537174109905_1003151213_n.jpg

松野です^^ 日記は久しぶりとなります!昨年しげにいとかずちゃんに
感動の条件で知った知覧さくらまつりのお誘いを頂いていたのですが
仕事の都合上、どうしても行くことが出来ませんでした

今年は4月に開催される事を知っていたので早めに
スケジュール調整する事が出来まして念願が叶いました

人財育成JAPANの皆さんと出会って、かれこれ2年が過ぎますが、
今回、はじめてさくらまつりに、僕の大切な仲間と参加する事が出来て
とても光栄でした、ありがとうございます

僕は心がマイナスな時、何事も家庭環境や、周りのせいに
いつもしていた時期があります、言葉も思いも含めて・・

そんな時期に僕を襲ったのが1年で交通事故に7回も遭うという出来事
そういう経験をして、学んだことが本当に沢山あるのですが

今回、知覧に足を運ばせて頂いたのは、命の大切さ、使い方を
もう1度自分の中に、しっかりと落とし込みたかったからでした

知覧に行く途中にスタッフさんから、知覧をテーマにした舞台
流れる雲よのパンフレットを頂きました、その中にしげにいの
文面が2ページ掲載されていたんですね

その一文に、僕達には失敗してもいい明日があると言う言葉がありまして
僕はバスの中で、ハッとさせられたんです、

明日があるから今日は適当で良いという事ではなく
そういう明日すら選ぶ事が出来ずに、今の底辺を作り上げて

命を賭けて飛び立ってくださった英霊さん達の姿が頭に浮かび
自分が抱いている覚悟は、まだまだ弱いなと痛感しました

僕達がこの時代に生まれてきたのには理由が必ずあると思います

自分の周りにいてくれる方、これから出会う1人、1人とも
何かしらのご縁があり、そこにもちゃんとした意味があるはず

だからこそ、相手が何をしてくれるかではなく、自分が相手に何ができるか?
今1度、自分の中にゆずれない信念や誓いを立てるべきだと頭をよぎりました

親、先祖のお陰で生かされている命です、紡いでもらった命なのですから
やっぱり、今こそ、知覧にいくべきなんだなとバスの中で思ったんですね

頭の中で色んな事を考えながら、知覧に到着してから最初に見たのが
「流れる雲よ」という知覧特攻隊さん達の舞台でした

流れる雲よで検索してみてくださいね^^

今の日本はいい国ですか?と舞台上から問われ、言葉が出ませんでした
心の底からはいっ!と言える自分が居なかったことがさみしくもあり

国、県、市、町の前に、まずは自分が元気で前を見て進む事への
自覚や行動もまだまだ足りないなと感じてしまい
はいっ!の二文字が心の中でも言えませんでした

命を賭けて飛び立ってくださった英霊さん達は10代・・
たくさん色んな事をしたかったはずなのに、未来の為に

命を紡いでくださった英霊さん達の姿を描いてくれた舞台をみて
涙がずっと止まりませんでした・・

自由を選択できなかった時代・・ 千分の一、いや、万分の一かもしれませんが
英霊さん達が紡いでくれた今を生きる僕達には、今を生きる者としての
責任があると思いました、絶対に忘れたくない、忘れちゃいけない
大切な想いを流れる雲よを通じて教えてもらいました

知覧平和会館でみた数々の遺書に書かれた想いを知れば知る度
申し訳なさと、感謝でいっぱいになりました

もっと、今を大切にしなければ、英霊さん達に申し訳ない
ありがとうね!と流れる雲の上から想って頂ける様に

1つ1つの出来事に対して一心全力で生きていきたいと
舞台を見ながら、自分の心に誓いを立てました

あの場所にいれた事、流れる雲よを見れたこと
しげにい、かずちゃん、人財育成JAPANの皆さま
そして、流れる雲よのスタッフの皆さま

本当にありがとうございました!
この場所にいれた事が僕の誇りです!感謝します^^

Return to page top