ホーム » ブランディング » コピーライティング » ランディングページの書き方│ポイントは出口を増やさないこと

ランディングページの書き方│ポイントは出口を増やさないこと

マーケティングは経験を積んでいけば誰でも出来ると思いますが
コピーライティングには終わりがありません、常に磨くスキルになります

文章がうまいとか、そういう事ではなく反応が取れる文章が書けるかです

書き方の手順とかを必死で学ぶよりも、誰に対して伝えるのか?
まずはそこを明確にしてください、レター系は特にです

メルマガ読者を募集したり、プロフィールページに飛ばしたりではダメです
出口は一つしか作ってはいけません、閉じられるか、購入ボタンを押すかだけです

もちろん、色んな事を伝えてもいいのですが最終的に相手の頭に残るのは
「1つ」じゃないと読んでいる人は混乱しますので伝える事は1つにする事です

またリサーチしないと分からないのですが作成の上で大切なのが
見込み客が使っている言葉達です、普段使っている言葉などを
しっかり混ぜていく事がめちゃくちゃ大事です

これは、かなり大事な部分になります!

コピーライティングのレベルを上げる為に基本として覚えておいてください
専門的なキーワードを使うのではなく伝えたい方が反応する言葉は
レターにたくさん散りばめて作ることが大切です

レターは売るんじゃありません、相手に気づいてもらうんです

売る文章ではなく、恋人に書くつもりで書きましょう!
それだけで反応は確実に変わります

Return to page top